ハイレベルな検査&各種オプション検査

血液で分かる消化器がん検診

kensa_img_7
■マイクロアレイ血液検査

マイクロアレイとは、がんなどに対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。
血液ががん細胞に反応する状況を世界で初めて遺伝子レベルでとらえることができるようになりました。これを利用して開発されたのが、マイクロアレイ血液検査です。
※この検査で遺伝子病等に関わる遺伝子情報が知られることはありません。

<特徴>
1.高い精度
  消化器の癌に対して9割の高い感度を示しています。
  早期がんの検出も可能です。

2.同時に4つのがんについて検査ができます。
  1度の採血で大腸がん・胃がんに加え、通常がん検診では実施しない膵臓がん、胆道がんも対象です。

マイロクアレイ血液検査 胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん 78,000円(税別)

3.安心・簡単な検査方法
検査は血液を5ml採取するだけで、薬剤の投与やX線被爆もなく受診者様への負担が少ない検査です。

4.最新のテクノロジー技術
マイクロアレイ技術を用いて、がんの存在を遺伝子レベルで測定します。

<検査を受けるにあって>
1.受診前の飲食の制限事項
  マイクロアレイ血液検査についての受診前の飲食の摂取制限はありません。
  但し、他の検査と組み合わせて同日に行う場合はこの限りではございません。

2.下記の病気に罹っている方は結果に影響を及ぼす場合があります。
  十分にご理解の上、ご受診ください。

  ・自己免疫性疾患(潰瘍性大腸炎、全身性エリテマトーデス、自己免疫肝炎、関節リウマチなど)
   と診断され、現在治療中の方。
  ・大腸ポリープ、胃の過形成ポリープと診断されている方。
   又は、大腸ポリープを切除して1~2年未満の方。

<<検査をお勧めできない方>>
● 検査に影響を及ぼす事がわかっていますので、お勧めできません。
1.下記の薬を服用している方、注射を接種している方
  ・副腎皮質ホルモン(外用及び吸入ステロイド剤を除く)。
  ・インターフェロン製剤。
  ・免疫グロブリン製剤。
  ・生物学的製剤(インフリキシマブ:商品名レミケイド)など。
  ・ワクチン(予防接種など、接種後1週間以内)。
2.体のいずれかの部位のがんと診断されている方
  *がん治療後の再発checkや抗癌剤の効果の判定には適しません。
3.B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスによる肝疾患と診断されている方

採血で分かるがん検診

kensa_img_1
■AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)検査

血液中の様々なアミノ酸を調べることで、がんの可能性を判定する検査です。今までの腫瘍マーカーとは異なり、早期がんでも進行がんと同時に近い精度で検出されます。当健康管理センターは、アミノインデックスがんリスクスクリーニングを東海地区で初めて導入した健診施設です。

<一度の採血で複数のがんを同時に検査できます>

AICS検査 男性 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、すい臓がんの5種 23,000円(税別)
女性 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、婦人科がん(子宮、卵巣)、
すい臓がんの6種
23,000円(税別)

《注意》
※がんの可能性を調べる検査であり、CTなどのようにがん自体を見つける検査ではありません。一般のがん検診に代わるものではなく、一般のがん検診と組み合わせることを お勧めします。
《検査前の注意》
受診前(8時間以上)は以下の飲食物を摂らないでください。*お水の摂取は構いません。

アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査(AICS)の値に影響がありますので必ずお守りください。

●摂取不可の飲食物
・お食事、お菓子、アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、
・お茶、牛乳、ジュース、コーヒー
・薬(市販薬、処方薬) *処方薬を中止にする場合は主治医へご相談ください。

●検査を受けられない方
・検査時に妊娠中の方
・授乳中の方
・がん患者(治療中を含む)の方
・先天性代謝異常の方
・透析患者の方


■ABC検診

胃がんの原因は、ピロリ菌であることが判明し、40歳以上の日本人では約半数がピロリ菌に感染しているといわれています。
ピロリ菌に感染しているかどうかと胃の炎症の程度を採血でみる検査で、胃がんになりやすいか判定します。

※胃がん自体を見つける検査ではありません。

ABC検診 5,000円(税別)

≪注意≫
※ピロリ菌除菌治療後の方、胃薬のタケプロン、ネキシウム(オメプラール)、パリエットを服用している方、胃の手術後の方、腎不全の方は適用外です。

脳MRI

脳卒中が心配な方は、脳MRIをお受けください。

三大疾病のひとつとして上げられる脳卒中は、生命に関わる疾患であり、麻痺など重篤な後遺症を認めます。MRIは脳の血管の異常(動脈硬化、脳梗塞や動脈瘤)などを精査し早期発見に有用です。

kensa_img_2
■Signa HDxt OptimaEdition V23

最新のMRI装置によって、従来よりも高速に検査を行う事が可能になり、より詳細な画像を描出することが出来ます。

脳検診(脳MRI、脳・頸部MRA、頸動脈エコー) 25,000円(税別)

エコー検査(腹部と乳腺)

kensa_img_3
エコー検査はがんの早期発見にとても有効です。

腹部エコーでは、肝臓、腎臓、胆嚢、脾臓、膵臓など腹部全体の検査に効果的です。また、乳腺超音波(エコー)検査では、しこりの性状を観察するのに優れ、がん、あるいは線維腺腫、のう胞などを見分けるのに適しています。20歳代の方と、30歳代前半の方におすすめしています。
※乳腺エコーを受けられる方は、当センターでは、授乳中の方の検査はお断りさせて頂いております。乳腺外科のある医療機関の受診をお勧めいたします。

視触診、乳腺エコー オプション(※1) 4,000円
単独検診 6,500円

※1)人間ドック、企業健診など、コースと組み合わせた場合の価格となります。

腹部エコー検査
(5臓器)
人間ドック 半日コース
1泊2日コース
脳ドック 腹部エコー
5,000円
肺ドック

胃カメラ(経口・経鼻)

kensa_img_4
胃がん、食道がんなどの早期発見に非常に
有用です。

胃カメラ(内視鏡検査)は、胃部X線検査よりも精度が高く、胃がんの早期発見が可能です。当健康管理センターでは負担の少ない経鼻内視鏡を導入しております。従来の胃カメラが苦手な方に鼻からの胃カメラをお勧めします。
また、通常の口からのカメラはハイビジョンを使用しており、より高度な検査が可能です。希望に応じてお選びいただけます。

胃カメラ 人間ドック 半日コース
(別途3,000円(税別)で胃部X線
直接撮影からの変更ができます。)
1泊2日コース
脳ドック
肺ドック
生活習慣病予防健診 一般健診
(別途3,000円(税別)で胃部X線
直接撮影からの変更ができます。)

マンモグラフィ

乳がんの早期発見にとても有効です。

マンモグラフィ検査は、乳房を上下左右から挟み圧迫しながら撮影を行う検査です。
乳房を圧迫しながら、薄く均一に押し広げることによって、乳房内をより鮮明に見つけることができます。
触っても判らないような早期の小さながんや、非常に小さな石灰化(※1)を見つけることができます。
(※1)石灰化があるからといって必ずしも悪性とは限りません。

●マンモグラフィ検査は、30代後半~40代以上の方にお勧めします。
●マンモグラフィ検査と同時に行う、医師の視触診は、曜日によって女性の医師が対応します。
常時、女性の「検診マンモグラフィ撮影認定放射線技師」によって撮影を施行いたします。

※妊娠中・授乳中・ペースメーカーを装着されている方、豊胸手術をされている方はマンモグラフィ検査を受けることができません。

kensa_img_8

当センターでは、フラットパネル型デジタルディテクタを採用した当地域初の最新鋭のデジタルマンモグラフィ装置を導入いたしました。

<装置の特徴>
従来の撮影装置よりも30%程度少ない被爆線量で高精細画像
●スピーディな動作で従来方式の半分程度の短時間で検査ができます。
●受診者様の不安や痛みの負担などを和らげる機能性を備えたやさしいデザイン
コンピュータによる病変の検出支援システム(CAD)を導入しております。
  これにより、コンピュータが得意とする分析能力で医師の病変観察をサポートし、
  安定した精度の診断を行うことができます。

視触診、マンモグラフィー オプション(※1) 5,000円
単独検診 7,500円

※1)人間ドック、企業健診など、コースと組み合わせた場合の価格となります。

マンモグラフィ検査の重要性

<マンモグラフィ画像例>

最近日本でも乳がんに罹る女性が急増しています。乳がんは早期発見、早期治療を行うことで、他のがんに比べて治りやすいがんです。
マンモグラフィで、自己検診では発見できない早期のがんを見つけることが早期治療につながります。

kensa_img_9kensa_img_10




胸部CT検査

隠れたがんも発見する胸部CTスキャン

胸部CTはレントゲンで分からないような小さな”がん”を発見するのに適しています。喫煙者や身近に喫煙者いる方、血縁者に肺の病気が多い方などは、胸部CTをお勧めします。低線量のCTでレントゲン被曝量は通常のCTの6分の1程度です。

※X線を使用するため妊娠中の方、妊娠の可能性のある方は検査ができません。

kensa_img_6
■高水準の高速マルチヘリカルCT

瞬時に細かく128断面(スライス)が同時に撮影できる技術を搭載していますので、撮影時間も短く、高レベルな検査が行えます。また、低被爆、低侵襲のため、安全面にも配慮しています。

胸部CT検査 13,000円(税別)

各種オプション検査

検査の種類 内容 費用(税抜)
脳検診 脳MRI、脳・頸部MRA、頸動脈エコー 25,000円
肺がん検診 胸部CT検査 13,000円
喀痰細胞診(1回法) 2,000円
マイクロアレイ血液検査 消化器がん(胃・大腸・膵臓・胆道) 78,000円
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング
男性5種、女性6種 *がんのリスク検査 23,000円
ABC検診 ピロリ菌感染と胃の炎症程度から
胃がんリスクを調べる検査
5,000円
乳がん検診 視触診、乳腺エコー オプション(※1) 4,000円
単独検診 6,500円
マンモグラフィ、視触診 オプション(※1) 5,000円
単独検診 7,500円
婦人科検診 内診、子宮頸部細胞診(直採法) オプション(※1) 3,000円
単独検診 8,000円
骨密度検査 超音波法(骨粗鬆症の診断検査) 1,800円

※1)人間ドック、企業健診など、コースと組み合わせた場合の価格となります。